<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
近隣のお花
1年は早いもので師走の入りですね、と申しましても。
温かい当地は、変化に乏しく、雪はなく1番被写体に困る時期です~。

晩秋の名残
b0047206_23164245.jpg



青桐の紅葉
b0047206_23212024.jpg


枯れ草バックに
b0047206_031258.jpg


b0047206_23451122.jpg



冬知らず
b0047206_23322182.jpg




クロ^バー(出番は、まだですよ~)
b0047206_21521230.jpg



未練
b0047206_23294528.jpg

by paints3 | 2008-11-30 22:00 | 日常の情景
夕日
久しぶりに、26日に球磨川河口で夕日を写しました。綺麗に焼けてはくれましたが、少しガスっています。
その上、3脚をなくして手持ちで写していますので悪しからずご容赦くださいませ。
b0047206_21551337.jpg



b0047206_227160.jpg



大きな雲があり、どうなるだろうと、太陽が落ちるまで待ちました。
b0047206_10355068.jpg


やがて、太陽は、最後の光を放ち出しました
b0047206_22152662.jpg




b0047206_1045019.jpg



思わぬショウを見せてくれた太陽に感謝!
b0047206_2305393.jpg

by paints3 | 2008-11-27 21:55 | 日常の情景
八代妙見祭り
九州三大お祭りの一つ、「八代妙見祭り」が、毎年11月に、今年は、23日にお祭りの最終になります。九州一円から、15万人の人出だったそうです。
詳しくは、右の以前の記事のmoreをクリックされますと2005年11月に「妙見祭り」をUPしています。

今年は、小雨の中で、山車9台もビニールを冠っていますので、
最大のお楽しみ[馬追いは、神馬が川を走る光景のみにしました。人力と馬力の力比べをお楽しみください(笑)。

「見物人」
b0047206_23261413.jpg


「祭事の行列」
b0047206_23284343.jpg



「神馬の入場」
b0047206_23391559.jpg



「サア!、神馬が川の中を走りました」
b0047206_2215940.jpg



皆さん大喜びです
b0047206_23492456.jpg



しかし、神馬は、考えたようです。土の上が楽な事を(笑)
b0047206_23524076.jpg



川へ引き戻そうと必死の人達
b0047206_2353276.jpg



神馬は、何とか土道へ、その力比べが、皆さん楽しそうです
b0047206_23541813.jpg



神馬の馬力に、力尽きたようです
b0047206_052854.jpg


しかし、もう1度やり直し
b0047206_074445.jpg


皆さん、やんやのお喜び
b0047206_094944.jpg



渾身の力を込めて、最後の見せ場をし作らなくて・・・(笑)
b0047206_011926.jpg



観覧者戴いた方々に記念品の配り物です
b0047206_013834.jpg


大役を終えられた方々でしょうか、爽やかなお顔が印象的でした
b0047206_0145665.jpg

by paints3 | 2008-11-24 23:26 | 日常の情景
軽井沢の自然-6 (最終回)
撮影会の前日に撮影仲間の友人3人が軽井沢の、「白糸の滝」と[竜帰りの滝」と「雲場池」と「ヴィラファーム・デストガーデン」へ案内してくれました。
「白糸の滝」は、浅間山の伏流水で、落差3m、幅20mで美しい景観です
下の画像に繋がりますが、連休前でも人が多くてままなりません。
b0047206_182291.jpg



b0047206_19483942.jpg




b0047206_19491928.jpg




b0047206_19495989.jpg




白糸の滝入り口の青苔石の上をほとばしる水
b0047206_22362363.jpg



道すがら
b0047206_15648100.jpg



道すがらー2
b0047206_1581559.jpg



「竜返しの滝」
落差8m端正な姿
b0047206_18131468.jpg




「雲場池」

午後は風が出て、映り込みが上手く行きません
b0047206_1545290.jpg



さすが、軽井沢の観光地だけ有り、人出が多く撮影は、手早くです
b0047206_7174245.jpg



公園のようになっていました
b0047206_15152230.jpg



ラストに、エッセイスト・玉村豊男氏の「ヴィラデストファームガーデン」へ夕闇迫る中ご案内して頂きました。
夕焼けが綺麗に染めています
b0047206_15263428.jpg



日没まで沢山写しました!
b0047206_15374618.jpg





朝8時に山荘を出て、夕方7時前まで。美女軍団(?)4人で、良くしゃべり、沢山写し、
よく歩きました
運転された方、皆様お世話になり有難うございました。またの機会がありますことを念じながら
撮影j会前日を有意義に過ごせました事に感謝申し上げます。

これで、長々となりました、秋の八千穂高原編は終わります。未熟な画像に
多くのご訪問をいただきまして、有難うございました。
by paints3 | 2008-11-17 19:36 | 八千穂高原憧憬
八岳の滝-5
小海町の稲子道にあります、「八岳の滝」落差10mほどですが、樹木を寄せ付けず、
水量の多さは、巨岩をすべる水に迫力があります。
b0047206_23493657.jpg



正面からは、女性的
b0047206_23524159.jpg



透けて見える水の流れ
b0047206_07048.jpg



断続的にに流れ落ちる水しぶき
b0047206_014519.jpg




古谷渓谷
(こやけいこく)
b0047206_2135125.jpg



初冬へ急ぎ足の風情
b0047206_2154595.jpg




流れを利用して
b0047206_2182212.jpg



松葉を廻しました(笑)。
b0047206_21193390.jpg



枯葉の集まりを避ける水流
b0047206_2310811.jpg

by paints3 | 2008-11-17 07:57 | 八千穂高原憧憬
八千穂高原小品集-4
風景ばかり続きましたので、お箸休めです(笑)。
宿のこもれび山荘の窓に白樺が映って

b0047206_2131630.jpg



綺麗なみどり
b0047206_7264052.jpg




こもれび
b0047206_7375076.jpg




b0047206_14163763.jpg




こぶ、動物の顔のよう
b0047206_7434553.jpg



ご想像してくださいね
b0047206_7493079.jpg

by paints3 | 2008-11-14 07:10 | 八千穂高原憧憬
唐松の風景いろいろ-3
今回は、黄金の唐松の紅葉を写しに行きまして、とても晴天に恵まれました。
b0047206_20502966.jpg



もっと、唐松の壮大な風景をとの事で、エッチラこと山に登りました。
本当に見事な唐松です。
b0047206_22263020.jpg





b0047206_2048109.jpg




もう、冬の用意が出来ていますね
b0047206_20535494.jpg



川に降りて、唐松の松葉を回してみました
b0047206_215202.jpg




b0047206_215533.jpg




奥蓼科横谷峡、「御射鹿池」ここも、唐松の紅葉です。
b0047206_2228745.jpg



「御射鹿池」は、
日本画家の巨匠東山魁夷氏の{白い馬の見える風景]のモデルの所です
b0047206_115187.jpg

by paints3 | 2008-11-11 20:18 | 八千穂高原憧憬
星撮影と朝焼け-2
秋の撮影会、お世話になっております、webフォトアカデミー(右記)では、星撮影があり、
初めての経験でどうなることやらと写しました、ご笑覧ください。

b0047206_4504071.jpg




b0047206_7581095.jpg




朝焼けの茂木山
(長野県)雲が多いですね
b0047206_18134293.jpg




広角で
b0047206_232655.jpg




b0047206_23193787.jpg



やがて朝焼けは消えながら
b0047206_851284.jpg



浅間山が朝焼けに照らされています
b0047206_8554585.jpg



やがて、ガスが掛かり始めています
b0047206_8565075.jpg




先ほどの茂木山 朝焼けのドラマは、終わったのです
b0047206_1582861.jpg



そして、空は、見事な雲が新たなドラマを演出していました。
b0047206_23395220.jpg

by paints3 | 2008-11-09 04:50 | 八千穂高原憧憬
朝霧の光景-1
長野県の八千穂高原で、何時もお世話になっています井出先生のご案内、ご指導のもと、
全国各地から実力有るお方が集まられて、色んな被写体に出会いながらの楽しい撮影をしてきました。

今は、唐松の黄色やら、黄土色が山々を美しく林立して埋め尽くし、上品な美しい唐松に魅せられました

朝霧
b0047206_112548100.jpg



b0047206_1684166.jpg




b0047206_15381927.jpg



ナナカマドの赤い実
b0047206_1614322.jpg





b0047206_15552096.jpg



b0047206_16373311.jpg




b0047206_16392723.jpg




b0047206_16395436.jpg

by paints3 | 2008-11-06 11:17 | 八千穂高原憧憬