<   2008年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
レンコンのお花
レンコンは、最近は、天麩羅、きんぴら、位のお料理になって来ましたね。
近場のレンコン畑には、お花が葉と高さを競い合って(130CM位)咲いています。この蕾は、お盆の佛花に添えると価格が倍以上に高かった事が記憶にあります。

同じ泥田で育ちながら、華やかな大賀蓮とは違い、そっと静かな田園に咲くレンコンのお花に
一時の眼差しを注いでいただけましたら、嬉しいです。

疎水に写るレンコンのお花
b0047206_2057762.jpg




氏素性が違いますと、食べられちゃって・・・。
b0047206_21162254.jpg


淡いピンクも
b0047206_21232518.jpg



「キラリ」に足がとまりました
b0047206_2136815.jpg


姉妹のよう
b0047206_23323925.jpg



花芯も同じ
b0047206_21333376.jpg

by paints3 | 2008-07-30 21:16 | 日常の情景
動く米塚の雲海
先のページと同じ23日、時刻は、8時半、標高1000m地点の阿蘇でも、
じりじりと肌をさす暑さでした。

可愛らしい米塚につきましては、右のカテゴリの中の「米塚の雲海と野焼き」をご覧くだしますよう、、より感動を覚えていただけると思います。

雲海は米塚の後ろに出ているのを見ていましたが、毎度同じではねと思いながら、
もう1度米塚の雲海を見に行きました。
やはり、まだ、米塚の雲海は、外輪山を覆い隠す勢いで出ていました。
b0047206_1418653.jpg



引き寄せて見ましたら、外輪山が見えないほどの勢いのある雲海でした。
b0047206_0404372.jpg



右裾から、雲海が掛かり始めています
b0047206_13133128.jpg



裾野へ流れ始めて
b0047206_130179.jpg



美しい夏空
b0047206_1319221.jpg



オオ!、雲海が山を覆い始めました
b0047206_1304924.jpg



焼け付く日差しに怯み勝ちな雲海もうここで、終わりかなと思いましたが・・・
b0047206_1313945.jpg



ワォ~、どんと大きな塊の雲海がかぶさりました!
面白いですね!。
b0047206_1322852.jpg


雲行きが怪しくなり
b0047206_1342819.jpg



最後に見せた山容
b0047206_1351215.jpg



黒雲がやってきて曇り空、このように気象は、大きく変化をしながら
15分間のいいドラマを見せてくれました。 
b0047206_1361027.jpg


この暑さに8時45分まで、よく雲海が有ったのは、よほど昨夜の雨が
激しかったのでしょう。日焼けしながら楽しみました(笑)。
b0047206_1364770.jpg

by paints3 | 2008-07-27 00:32 | 山の風景
阿蘇の霧の朝とユウスゲ
朝5時過ぎ、霧に包まれた、阿蘇の里山
b0047206_2162670.jpg



雲海
がでていますね。阿蘇山上の道すがら、牛馬は、まだ、寝ているようです
b0047206_2185234.jpg


雲海とユウスゲのコラボが写せました。
ユウスゲは、なるほど夕方から、お花が開きますが、夜通し咲いているのでしょうか、。
b0047206_2110632.jpg




雲海をバックに、ユウスゲが一寸遠いですね
b0047206_21183566.jpg



北側へ回ると日差しが回って

b0047206_21591583.jpg




雲海が、気温の上昇で湧き上がってきました
b0047206_22152879.jpg




b0047206_2264663.jpg





スリーカラー
、気象の移り変わりが激しいですね
b0047206_2233127.jpg



次回米塚の雲海が動きます!。
by paints3 | 2008-07-24 13:46 | 山の風景
朝焼け
20日朝、5時に目が覚め、朝焼けが出ているので、慌てて球磨川へ、
先ずは、「ゴイサギ」さんに、オハヨウのご挨拶
b0047206_1724719.jpg



雲があるようですね
b0047206_17251699.jpg




程なく朝焼けです

b0047206_17425484.jpg


龍峰山は、市民の健康維持のために親しまれています
b0047206_17443534.jpg



球磨川にも朝日

b0047206_13355571.jpg





漁船が作る波紋
b0047206_17514437.jpg



光芒
b0047206_17563676.jpg

by paints3 | 2008-07-20 17:24 | 川、池、霧の風景
フェリーに乗って
関西の暑さ気温37度の晴天の中、草取りをして、墓参を済ませて帰って参りました~。

船上は、夕風涼しくどうにかの夕日を写し、翌朝、墓参の後、船の時間待ちに、

奈良の薬師寺でお写経を済ませ、世界遺産の薬師寺へ拝観してきました。コンデシで写した写真です。
新門司港を後にして
b0047206_14282546.jpg



暮れなずむ
b0047206_9345310.jpg



『リラックスタイム」
b0047206_8533612.jpg




やかて、落日
b0047206_944567.jpg




ラストグラデ-ション
b0047206_972126.jpg


More 世界遺産薬師寺
by paints3 | 2008-07-19 08:51 | 海の風景
暑中お見舞い申し上げます
梅雨明けから、猛暑の連続ですが皆様お変りなくお過ごしでしょうか。

球磨川河畔の涼しさを[早朝だけ(笑)感じていただければ幸いです。
小さな船泊りの朝
b0047206_112576.jpg


暑そうな空
b0047206_11423849.jpg




球磨川河口から、天草方面を望む
b0047206_1143461.jpg




大きな眼鏡
b0047206_12245735.jpg




如何に鋼鉄でも、波には勝てませ~ん(ウフフ)。
b0047206_11483425.jpg



世俗を忘れる一時
b0047206_11505894.jpg




輪、輪、輪で終わります
b0047206_1154671.jpg


<お知らせ>
毎々ご訪問戴く皆様有難うございます。

7月16日~19日まで、お盆の墓参のため関西へ出かけます。帰りましたら、更新いたします。
また、ご訪問いただきますようお願い申し上げます。
by paints3 | 2008-07-15 11:26 | 川、池、霧の風景
夕日が見せる光景-3
夕日シリーズ3日間通い[7月7日~9日)、太陽の色が変わるのを、実際に写すことが出来嬉しく思っています。
3日目は、曇り空で諦めながら行きましたら、光芒が出て
こんな時に限って、200mmレンズに1,4倍のテレコン装着、距離感にうろうろ、実に未熟者ですね~(笑)。
光芒の中に漁船を入れて
b0047206_20595064.jpg




曇り空だから、漁船も早く切り上げかな
b0047206_2151642.jpg




つぎつぎと
b0047206_2164371.jpg



どうにも
太陽に黄色い色が
b0047206_2122552.jpg




オオ~半分黄色の太陽!
うっかり見落とす所でした
雲が掛かると色が変わるのは、見ていますが、写したのは、初めて!感激!
b0047206_21412118.jpg



秒単位で色の変化の速さ、速さ
[熊本弁]
b0047206_2145024.jpg




b0047206_21455011.jpg



b0047206_21462380.jpg




b0047206_2147957.jpg



この後は、太陽が沈むばかりです。
明るくしましたのは、この光景が、日本昔話の絵本に有りそうに思いながら終わりにします。
b0047206_21473996.jpg

by paints3 | 2008-07-12 21:06 | 夕日
梅雨明けの夕日-2
先の球磨川河口からの続きです。
漁船が作る儚く3分ぐらいで消える波紋、は、何とも言えず、胸がときめきます。
b0047206_0383883.jpg



太陽は、光がきつく雲に隠れるように沈みました
b0047206_0395163.jpg




落日後に1日のフイナーレを華々しく
b0047206_0404016.jpg



普賢岳は、夕景に頂上を見せるのは珍しく、
空気が澄んでいたのでしょう。
b0047206_0412362.jpg




5分もせずに明度は落ち、漁船は帰途に着くようです
b0047206_23541380.jpg




夜の帳が下り、印象的なラストショウーで終わります。
b0047206_05964.jpg


次は、漁船と太陽の色の変化です
by paints3 | 2008-07-10 12:52 | 海の風景
梅雨明けの夕日-1
朝は、薄曇りながら、日中の暑さは、夏最中の暑さですね。皆様ご体調を崩されませぬように。
球磨川河口で、雲が沢山ありましたあが、久しぶりの夕日を写しました。

一日を終えて
b0047206_6502646.jpg



漸く焼け始めてきたようです
b0047206_6524273.jpg




雲が多く光芒はなしです。
b0047206_7321425.jpg





島の方へズームしてみました。
b0047206_7304996.jpg



もう,手前まで焼けてきました。しかし、光芒は、みられませんでした。
b0047206_102192.jpg




帰途
に着く船
b0047206_736672.jpg




船の航跡の波紋
対岸の山は、長崎県の普賢岳です。
b0047206_17204951.jpg



後日に続きます
by paints3 | 2008-07-08 06:51 | 海の風景
大賀ハス
熊本県の鹿央町で、大賀ハスを写してきました。

大雨の後でシベがべったりして、横風が吹くやら難しい条件でしたが、時々日が差してくれたのが、せめてもの救いでした。
そして、少し、早かったのでしょうか、花数が少なく、同じ花を工夫して,難産のUPです(笑)。

かくれんぼ
b0047206_1595617.jpg



今年も咲きました!
b0047206_1542527.jpg



雨後のお印
b0047206_15115973.jpg



毅然として
b0047206_15125324.jpg



一人舞台
b0047206_15363013.jpg




恥じらい
b0047206_15234426.jpg




気品
b0047206_1531710.jpg




名残
b0047206_15132926.jpg



置き土産
b0047206_15331314.jpg

by paints3 | 2008-07-06 09:04 |