カテゴリ:日常の情景( 85 )
おせわになりました。
このたび 母 中村美恵子が昨日夜に他界いたしました。
もう一度カメラを持って撮影に行きたいと病床で語っておりましたが
押し寄せる病魔には勝てず、力は尽きました。
最後は痛みもなく安らかなすーとなくなりました。
ブログのご常連の方には生前多数のご厚情を賜りありがとうございました。
享年75歳 

長男 中村元信

取り急ぎ連絡まで

by paints3 | 2009-04-20 09:02 | 日常の情景
干し柿の里
***皆さんへ******
何時もお世話になりまして、ありがとうございます。
このたび入院いたしましたので、再会の節はよろしくお願いいたします。
あたたかいご厚情ありがとうございました。詳細は、末尾にナッツ



熊本県、豊野町では、干し柿が沢山干されているのを,
webのお友達のを拝見して初めて行ってまいりました。
山里の静かな町中に、柿は殆ど干されていましたが、まだまだ、あちこちに成っていました。
b0047206_22444175.jpg



b0047206_22392054.jpg


ビニールの屋根の中
b0047206_22493015.jpg


あちこちに見られる、ビニールの屋根の中は、
干し柿です、
お正月に向けて急ピッチ
b0047206_22515164.jpg


柿の陰が面白い
b0047206_22535231.jpg




b0047206_23243532.jpg



黒いカバーは?、干し過ぎを調節?それとも甘味を出す為でしょうか?
b0047206_2326780.jpg



水分が出ているのが、見えますかしら

b0047206_23283323.jpg


柿の水滴が蒸発しながら、甘い干し柿が出来て行くのでしょう。
b0047206_2333571.jpg



皆様へ
この度の入院に際しまして、大変ご心配に預かり心より厚く御礼申しあげます。
病状は、肝癌の1部が破裂して出血、腹水に血液が混じり、緊急入院止血点滴で運よく翌日、
出血が止まり命を取り留めました。
次回破裂しましたら、命は終わるというはかない短い命を携えて生きて行くことになります。
しかし、今は、なんの変わりもなく元気で入院生活をしております。
次は、その修復治療となります。

かような、状態でございますので、お1人お一人様にレスのお返事すべきところですが、
心ならずもまとめてお返事させていただきました。
尚、新年のご挨拶も病床からですので、ご遠慮させていただきます。

ブログ開設4年余,拙い画像に皆様から温かい激励やお褒めのお言葉を沢山いただき、
老後の唯一の楽しみを頂くことができ、楽しい、うれしい日々を過ごさせて頂きました。
誠にありがとうございました。
が、ここで、残念ながらこのブログ「流れるままに」は、中断させていただきます。

足早な師走を目前にして、皆様のご健康お祈りし、よいお年をお迎えくださいませ。
             有難うございました。・・・・・ナッツ
by paints3 | 2008-12-03 22:39 | 日常の情景
季節の移ろい
「メジロ」が柿の実を啄み、食べ頃を知っているようですね!。
もう、こんなに食べていますね
b0047206_19263174.jpg



次は、これは、おいしいかな?
b0047206_19451686.jpg



2羽が来ました
b0047206_19373822.jpg



未だ、残っていた近場のモミジです
b0047206_2043952.jpg




b0047206_2052060.jpg




b0047206_20644.jpg




b0047206_20102462.jpg




b0047206_20122819.jpg


枯葉よ~♪ 。でお仕舞い
b0047206_20133731.jpg

by paints3 | 2008-12-03 19:26 | 日常の情景
近隣のお花
1年は早いもので師走の入りですね、と申しましても。
温かい当地は、変化に乏しく、雪はなく1番被写体に困る時期です~。

晩秋の名残
b0047206_23164245.jpg



青桐の紅葉
b0047206_23212024.jpg


枯れ草バックに
b0047206_031258.jpg


b0047206_23451122.jpg



冬知らず
b0047206_23322182.jpg




クロ^バー(出番は、まだですよ~)
b0047206_21521230.jpg



未練
b0047206_23294528.jpg

by paints3 | 2008-11-30 22:00 | 日常の情景
夕日
久しぶりに、26日に球磨川河口で夕日を写しました。綺麗に焼けてはくれましたが、少しガスっています。
その上、3脚をなくして手持ちで写していますので悪しからずご容赦くださいませ。
b0047206_21551337.jpg



b0047206_227160.jpg



大きな雲があり、どうなるだろうと、太陽が落ちるまで待ちました。
b0047206_10355068.jpg


やがて、太陽は、最後の光を放ち出しました
b0047206_22152662.jpg




b0047206_1045019.jpg



思わぬショウを見せてくれた太陽に感謝!
b0047206_2305393.jpg

by paints3 | 2008-11-27 21:55 | 日常の情景
八代妙見祭り
九州三大お祭りの一つ、「八代妙見祭り」が、毎年11月に、今年は、23日にお祭りの最終になります。九州一円から、15万人の人出だったそうです。
詳しくは、右の以前の記事のmoreをクリックされますと2005年11月に「妙見祭り」をUPしています。

今年は、小雨の中で、山車9台もビニールを冠っていますので、
最大のお楽しみ[馬追いは、神馬が川を走る光景のみにしました。人力と馬力の力比べをお楽しみください(笑)。

「見物人」
b0047206_23261413.jpg


「祭事の行列」
b0047206_23284343.jpg



「神馬の入場」
b0047206_23391559.jpg



「サア!、神馬が川の中を走りました」
b0047206_2215940.jpg



皆さん大喜びです
b0047206_23492456.jpg



しかし、神馬は、考えたようです。土の上が楽な事を(笑)
b0047206_23524076.jpg



川へ引き戻そうと必死の人達
b0047206_2353276.jpg



神馬は、何とか土道へ、その力比べが、皆さん楽しそうです
b0047206_23541813.jpg



神馬の馬力に、力尽きたようです
b0047206_052854.jpg


しかし、もう1度やり直し
b0047206_074445.jpg


皆さん、やんやのお喜び
b0047206_094944.jpg



渾身の力を込めて、最後の見せ場をし作らなくて・・・(笑)
b0047206_011926.jpg



観覧者戴いた方々に記念品の配り物です
b0047206_013834.jpg


大役を終えられた方々でしょうか、爽やかなお顔が印象的でした
b0047206_0145665.jpg

by paints3 | 2008-11-24 23:26 | 日常の情景
全国花火競技大会八代会場
毎年、10月に全国の花火師さんが技を競います。人出は18万人で人口の倍以上の人出で
賑わいます。

花火は、いずこも混雑しますので、地元の花火しか写していませんので、とても下手で
お恥ずかしいですが、珍しいそうなのだけです。

わぁ~、入りきれない15号玉
b0047206_9222627.jpg



UFOだそうです
b0047206_9242077.jpg



b0047206_9253522.jpg


ぶれたかな?
b0047206_9285068.jpg



b0047206_9262289.jpg



「可愛い~」
童心が抜けなくて(笑)。
b0047206_9435735.jpg


下手は、これで引っ込みましょう(笑)。
by paints3 | 2008-10-26 09:59 | 日常の情景
赤ソバ
熊本にも赤ソバが植えられているとのK新聞に掲載され、早速阿蘇へ(10/15日)
場所は、色見町、高岳と根子岳を前景に控え、ロケーションは満点でした。
しかし、もう赤ソバは、花の時期を逸して種が出ていました。

気を取りなおして早朝なら、覚めた赤色が、朝日で色増すであろうと・・・。
高岳に7時過ぎやっと朝日が差し私案どうりに(笑)。
b0047206_62477.jpg


振り返れば残月、左に赤ソバ
b0047206_21132396.jpg




根子岳バックに
b0047206_22343518.jpg




朝露は、温かくて少なく、やっと、1滴を
b0047206_21403562.jpg




b0047206_21472762.jpg


どうにかの赤ソバ
b0047206_21491280.jpg



種になっています
b0047206_22264556.jpg


朝日を受けた赤い茎
b0047206_22253624.jpg

by paints3 | 2008-10-19 21:03 | 日常の情景
球磨川そぞろ
もう、彼岸花も時期をすぎ球磨川で赤い橋を彼岸花に、川を茎に見立てて写しました。
「彼岸花を思い浮かべて
b0047206_6293559.jpg




コスモス
b0047206_22233610.jpg




b0047206_720521.jpg



b0047206_7211648.jpg



コスモスも背が高くなり、すっかり、秋の雲、
b0047206_7214029.jpg

by paints3 | 2008-10-03 23:51 | 日常の情景
宇土櫓の内部から
熊本城に築城当時、慶長時代からの偉容を残している宇土櫓(重要文化財)が見えます。
3層5階、宇土城を加藤清正が移築したと伝えられています。

400年前を覗いてみましょう,左から入場します(過日、本丸御殿撮影時、9月1日撮影、天候不良に備えてストックしていました(笑))
b0047206_8115027.jpg




内部は、時代劇の映画を見るようです・[無料)勿論木材オンリーです

b0047206_1391942.jpg



床は、黒光りして木地肌が浮き立っているのが、
年代を感じました
b0047206_123728.jpg




このような部屋は、階層ごとにあり、筋交いがしてありました。持ちこたえるのに大変ですね。
櫓は、見張りと物置の役目とか
b0047206_12393310.jpg



「突き上げ窓」と言うそうです
b0047206_12445774.jpg



最上階に上がりました。今、入場した所が見えますね
b0047206_13103976.jpg




次に、熊本城右端に本丸御殿が見えます
b0047206_1255572.jpg




そして、金峰山の山並み
b0047206_12564536.jpg




帰り際に、この標識には
b0047206_13194546.jpg


江戸時代以前は、同盟や服従などの制約の証として、妻子などを人質として差し出したり、
預かったりするしきたりがあっった。
「御城内御絵図」によると、熊本城内にも人質を置くための建物が此処にあったよう思われる。
と記されてありました。  終わります
by paints3 | 2008-09-15 06:56 | 日常の情景