カテゴリ:八千穂高原憧憬( 24 )
軽井沢の自然-6 (最終回)
撮影会の前日に撮影仲間の友人3人が軽井沢の、「白糸の滝」と[竜帰りの滝」と「雲場池」と「ヴィラファーム・デストガーデン」へ案内してくれました。
「白糸の滝」は、浅間山の伏流水で、落差3m、幅20mで美しい景観です
下の画像に繋がりますが、連休前でも人が多くてままなりません。
b0047206_182291.jpg



b0047206_19483942.jpg




b0047206_19491928.jpg




b0047206_19495989.jpg




白糸の滝入り口の青苔石の上をほとばしる水
b0047206_22362363.jpg



道すがら
b0047206_15648100.jpg



道すがらー2
b0047206_1581559.jpg



「竜返しの滝」
落差8m端正な姿
b0047206_18131468.jpg




「雲場池」

午後は風が出て、映り込みが上手く行きません
b0047206_1545290.jpg



さすが、軽井沢の観光地だけ有り、人出が多く撮影は、手早くです
b0047206_7174245.jpg



公園のようになっていました
b0047206_15152230.jpg



ラストに、エッセイスト・玉村豊男氏の「ヴィラデストファームガーデン」へ夕闇迫る中ご案内して頂きました。
夕焼けが綺麗に染めています
b0047206_15263428.jpg



日没まで沢山写しました!
b0047206_15374618.jpg





朝8時に山荘を出て、夕方7時前まで。美女軍団(?)4人で、良くしゃべり、沢山写し、
よく歩きました
運転された方、皆様お世話になり有難うございました。またの機会がありますことを念じながら
撮影j会前日を有意義に過ごせました事に感謝申し上げます。

これで、長々となりました、秋の八千穂高原編は終わります。未熟な画像に
多くのご訪問をいただきまして、有難うございました。
by paints3 | 2008-11-17 19:36 | 八千穂高原憧憬
八岳の滝-5
小海町の稲子道にあります、「八岳の滝」落差10mほどですが、樹木を寄せ付けず、
水量の多さは、巨岩をすべる水に迫力があります。
b0047206_23493657.jpg



正面からは、女性的
b0047206_23524159.jpg



透けて見える水の流れ
b0047206_07048.jpg



断続的にに流れ落ちる水しぶき
b0047206_014519.jpg




古谷渓谷
(こやけいこく)
b0047206_2135125.jpg



初冬へ急ぎ足の風情
b0047206_2154595.jpg




流れを利用して
b0047206_2182212.jpg



松葉を廻しました(笑)。
b0047206_21193390.jpg



枯葉の集まりを避ける水流
b0047206_2310811.jpg

by paints3 | 2008-11-17 07:57 | 八千穂高原憧憬
八千穂高原小品集-4
風景ばかり続きましたので、お箸休めです(笑)。
宿のこもれび山荘の窓に白樺が映って

b0047206_2131630.jpg



綺麗なみどり
b0047206_7264052.jpg




こもれび
b0047206_7375076.jpg




b0047206_14163763.jpg




こぶ、動物の顔のよう
b0047206_7434553.jpg



ご想像してくださいね
b0047206_7493079.jpg

by paints3 | 2008-11-14 07:10 | 八千穂高原憧憬
唐松の風景いろいろ-3
今回は、黄金の唐松の紅葉を写しに行きまして、とても晴天に恵まれました。
b0047206_20502966.jpg



もっと、唐松の壮大な風景をとの事で、エッチラこと山に登りました。
本当に見事な唐松です。
b0047206_22263020.jpg





b0047206_2048109.jpg




もう、冬の用意が出来ていますね
b0047206_20535494.jpg



川に降りて、唐松の松葉を回してみました
b0047206_215202.jpg




b0047206_215533.jpg




奥蓼科横谷峡、「御射鹿池」ここも、唐松の紅葉です。
b0047206_2228745.jpg



「御射鹿池」は、
日本画家の巨匠東山魁夷氏の{白い馬の見える風景]のモデルの所です
b0047206_115187.jpg

by paints3 | 2008-11-11 20:18 | 八千穂高原憧憬
星撮影と朝焼け-2
秋の撮影会、お世話になっております、webフォトアカデミー(右記)では、星撮影があり、
初めての経験でどうなることやらと写しました、ご笑覧ください。

b0047206_4504071.jpg




b0047206_7581095.jpg




朝焼けの茂木山
(長野県)雲が多いですね
b0047206_18134293.jpg




広角で
b0047206_232655.jpg




b0047206_23193787.jpg



やがて朝焼けは消えながら
b0047206_851284.jpg



浅間山が朝焼けに照らされています
b0047206_8554585.jpg



やがて、ガスが掛かり始めています
b0047206_8565075.jpg




先ほどの茂木山 朝焼けのドラマは、終わったのです
b0047206_1582861.jpg



そして、空は、見事な雲が新たなドラマを演出していました。
b0047206_23395220.jpg

by paints3 | 2008-11-09 04:50 | 八千穂高原憧憬
朝霧の光景-1
長野県の八千穂高原で、何時もお世話になっています井出先生のご案内、ご指導のもと、
全国各地から実力有るお方が集まられて、色んな被写体に出会いながらの楽しい撮影をしてきました。

今は、唐松の黄色やら、黄土色が山々を美しく林立して埋め尽くし、上品な美しい唐松に魅せられました

朝霧
b0047206_112548100.jpg



b0047206_1684166.jpg




b0047206_15381927.jpg



ナナカマドの赤い実
b0047206_1614322.jpg





b0047206_15552096.jpg



b0047206_16373311.jpg




b0047206_16392723.jpg




b0047206_16395436.jpg

by paints3 | 2008-11-06 11:17 | 八千穂高原憧憬
白駒の池
美ヶ原8時出発から、霧ヶ峰、麦草峠を越えて
2時間で長野県の北八ヶ岳の登山口、白駒の池
に、着きました。

標高2111mの白駒の池は、4度目の訪れですが、此処の紅葉は、素晴らしく、ドウダンツツジ、ダケガンバ、唐松と時期を追いながら、色の移り変わりが楽しめます。
b0047206_11145055.jpg


12時集合時間まで、正味撮影時間は、1時間20分でしたので、駆け足撮影です。
此処から、大阪南港まで、6時間半必要です。ケチケチ旅は、緊迫感が漂よいます(笑)。
ご興味の有る方は、右カエゴリのmoreをクリック、2006年10月に秋の白駒池をどうぞ。
今回は、重複しないように写しています

b0047206_852815.jpg



楽しげな様子に「一寸、退いていただけませんか」とも言えず(笑)
b0047206_82518.jpg



水面に目向ける
b0047206_13313640.jpg



方向転換、時間が少ないことを意識して、紅葉は過ぎた感じ
b0047206_13225882.jpg



再び、水面にスケットしてもらいましょう(笑)
b0047206_13304448.jpg



これ以上の美しい色は、望めないでしょう
b0047206_13273618.jpg




ここは、奥に見事な苔むした所ありますが、入り口付近でも、このように
唐松に見事に苔むしています。
b0047206_1347939.jpg



杉苔に紅をさしたような、紅葉
b0047206_1873937.jpg

by paints3 | 2008-10-17 14:41 | 八千穂高原憧憬
まだ目覚めぬ白駒池
白駒池は、初夏の雲が目覚めを呼びかけているようでしたが、
春は、まだ遠いようでした
b0047206_2265292.jpg



白駒池へは、北八ケ岳登山口の唐松林の中を行きますが、
まだ、道には、残雪がありました、6月1日ですのに。
b0047206_20214160.jpg



初夏の日差し

b0047206_20263961.jpg




可愛い森の番人さんかな?
b0047206_2024190.jpg




解けやらぬ水無月の雪
b0047206_21483277.jpg




円は、「根開け」または「根開き」
というそうで、根の熱で根っこの雪が円にえぐられるそうです
b0047206_228138.jpg


More 八岳の滝
by paints3 | 2008-06-13 20:24 | 八千穂高原憧憬
山ツツジ
八千穂高原の中の駒出池は、山ツツジレンゲツツジ沢山ありますが、まだ、少し早かったようです。まだ、寒いのでしょうね。でも、場所によっては咲いていました。

雨の駒出池
b0047206_16132780.jpg




クリンソウ見逃さないで写してねと言っているようです
b0047206_21405214.jpg




「ズミ」のお花と雨足
b0047206_17192520.jpg



雨滴の調べ
b0047206_17214776.jpg



重たげな雫
b0047206_17405314.jpg





足元にドラマ!
b0047206_2091318.jpg



雨に煙る山は、一層緑が冴え、ツツジが彩りを添えて
b0047206_2062488.jpg

by paints3 | 2008-06-10 16:13 | 八千穂高原憧憬
白樺林の中に
「高原の貴婦人」と親しまれ人気の1株に、毎年沢山のカメラマンが集まって来るそうです。列の中に入って写しました。
霧と白樺とトウゴクミツバツツジのコラボを、運よく霧が流れるの待って、写しましたトウゴクミツバツツジです。
b0047206_1816244.jpg




b0047206_13502810.jpg




b0047206_13515163.jpg




b0047206_1353112.jpg





b0047206_13573328.jpg



正面がいいかな?
b0047206_15181423.jpg



トウゴクミツバツツジは、お馴染み二上山のミツバツツジと同じ色ですが、心持ち
色が濃いかなと思います。花びらをUPしていないのが悔やまれます。
by paints3 | 2008-06-09 07:33 | 八千穂高原憧憬