カテゴリ:[米塚」の雲海と野焼き( 2 )
「米塚」  雲海に包まれて
「米塚」 20分ほどの雲海のドラマです。8月27日。

     米塚は、阿蘇カルデラ内に有る、杵島岳の裾野に位置し、標高954m、
     目で見えている高さ約100m、元は火山でした。

b0047206_15132433.jpg



雲海が米塚の手前に
b0047206_15154017.jpg




b0047206_15164599.jpg




b0047206_1518498.jpg



b0047206_15194846.jpg



雲海で見えなくなりましたね。
b0047206_15235625.jpg



オオ!左肩から、姿を現しました
b0047206_15251346.jpg



b0047206_212302.jpg



再び姿を見せてくれました。
b0047206_15342641.jpg



とても、神秘的な静かな感動では、ありましたが、
年に数えるほどしか見られない、幸運な出会いを嬉しく思います。


次は、「米塚」の野焼きをどうぞ、8分間のドラマです。
by paints3 | 2006-08-28 15:13 | [米塚」の雲海と野焼き
「阿蘇米塚の野焼き」 8分間のドラマ
「米塚」は、阿蘇東登山口道路から見える、標高954mで、見えている高さは100m程です。
小さい可愛いい火口丘跡です。現在は、登山禁止になっています。

その昔、健磐龍命(たけいわをたつみのみこと)が、収穫した米を積み上げて出来たという
伝説があります。それ故、「米塚」と名つけられているそうです。
頂上の窪みは、命(みこと)が、貧しい人に米を分け与えた名残だと伝えられています。

画像は、2004年3月14日に「米塚の野焼き」の8分間で燃えきれた様子です。

裾野から焼き始めます
b0047206_19572519.jpg



いよいよ、「米塚に」点火されました
b0047206_20132695.jpg



火は、風を起こし、轟音を立てて山を登ります
b0047206_20161185.jpg



おや?、右からも点火されました
b0047206_20173889.jpg



この火の動きの素晴らしいこと!
b0047206_2026926.jpg





b0047206_2023267.jpg



火は、寄り添うように、長年の経験あればこそ!
b0047206_20273179.jpg



反対側からの点火された火と合流
b0047206_20283378.jpg



消火もせずとも、自然鎮火
b0047206_2030888.jpg



8分間の感動のドラマが終わりました!
伝統的な点火のやり方があるのでしょう。
b0047206_20312335.jpg


More反対側へ回って
by paints3 | 2004-03-14 10:00 | [米塚」の雲海と野焼き