カテゴリ:カイツブリの子育て( 2 )
カイツブリの赤ちゃんー第1部
6月18日に、江津湖でカイツブリが、巣つくりをして、卵を抱き始めました。
カイツブリの巣は、水面に浮いている巣で、雨が降ると流されてしまします。流されるとまた、作り直しをするようです。
b0047206_21503689.jpg

このように、何でも集めて巣へ運びます。
b0047206_21581767.jpg

交代しながら、卵をあたためていました。「さあ、交代時間だ!
b0047206_221398.jpg

それから、7月3、4日には、2羽の赤ちゃんが誕生していました。
b0047206_2241833.jpg

餌運びに親鳥はいそがしいですね。
b0047206_2291026.jpg

肩越しにみる赤ちゃん可愛いですね。今度は、海老のようですね。
b0047206_2212933.jpg

緊急事態発生のようです。
b0047206_22144583.jpg

波を蹴立てて急いでいきます
b0047206_2220402.jpg

もっと、急ぐのだ!!!
b0047206_22222881.jpg

縄張りを荒されては子育てはできぬと、抗議をしているのでしょうか、今回は、穏便におさまったようです。
b0047206_22244970.jpg

巣に帰った親鳥さん、もう、心配ないよと言っているよう???
b0047206_22374238.jpg



「カイツブリの赤ちゃん」-第2部へ続きます。
カイツブリは、平常は、こんな近くには寄ってきませんし、水の中ばかりにいますので姿を初めて見ました。綺麗な鳥ではありませんが、子育てをする親の責任感に感動しています。
by paints3 | 2005-08-05 21:56 | カイツブリの子育て
カイツブリの赤ちゃんー第2部
カイツブリの親は、カラスの襲撃から守らなければなりませんし、縄張りを荒されては、お魚が獲れませんし、赤ちゃんは、餌をせがみます。とても忙しいのです。
b0047206_2257212.jpg

それにしても、汚い巣ですが、
でも、水の中で、巣の材料を集めるのですからえらいですね!
b0047206_22592885.jpg

そろそろ、餌が足りないようですね!
b0047206_232594.jpg

大きなお魚ですよ
b0047206_2383472.jpg

もう待ちきれず、水に入りましたよ(7月8日)
b0047206_23103568.jpg

もう泳げるのです。遠い所へ行ってははいけませんよ、かな?
b0047206_23291347.jpg

さあ!どこへ遊びに行こうか?
b0047206_23335285.jpg

帰るのが、遅いですよ??叱られているのかな?
b0047206_23354585.jpg

あと1つの卵が、どうしても孵りません、親鳥は思案顔のようですね?
b0047206_7391550.jpg


7月20日 何故か1羽しか見当たらない、どうしたのでしょう?
b0047206_23392094.jpg

やはり、親子で泳いでいました。通りがかった人が、悲しい事を知らせてくれました。

「足のひれだけを残して食べられていた。カラスの仕業だろう。」
と可愛そうな小さなカイツブリが愛おしく、胸が痛くなりました。

厳しい世界に生抜かなければならない現実を、まざまざと思い知らされました。
せめて生き残って欲しい親子です。また、残り1個の卵は、かえらなかったようです。

b0047206_23481588.jpg


しかし、辺りを見回すとあちこち数箇所に、卵をだいているカイツブリをみて、少しは、癒される思いで、このお話を終わりにします。逞しく生きて欲しいカイツブリちゃん!!!

b0047206_23561759.jpg

by paints3 | 2005-08-05 20:58 | カイツブリの子育て