動く米塚の雲海
先のページと同じ23日、時刻は、8時半、標高1000m地点の阿蘇でも、
じりじりと肌をさす暑さでした。

可愛らしい米塚につきましては、右のカテゴリの中の「米塚の雲海と野焼き」をご覧くだしますよう、、より感動を覚えていただけると思います。

雲海は米塚の後ろに出ているのを見ていましたが、毎度同じではねと思いながら、
もう1度米塚の雲海を見に行きました。
やはり、まだ、米塚の雲海は、外輪山を覆い隠す勢いで出ていました。
b0047206_1418653.jpg



引き寄せて見ましたら、外輪山が見えないほどの勢いのある雲海でした。
b0047206_0404372.jpg



右裾から、雲海が掛かり始めています
b0047206_13133128.jpg



裾野へ流れ始めて
b0047206_130179.jpg



美しい夏空
b0047206_1319221.jpg



オオ!、雲海が山を覆い始めました
b0047206_1304924.jpg



焼け付く日差しに怯み勝ちな雲海もうここで、終わりかなと思いましたが・・・
b0047206_1313945.jpg



ワォ~、どんと大きな塊の雲海がかぶさりました!
面白いですね!。
b0047206_1322852.jpg


雲行きが怪しくなり
b0047206_1342819.jpg



最後に見せた山容
b0047206_1351215.jpg



黒雲がやってきて曇り空、このように気象は、大きく変化をしながら
15分間のいいドラマを見せてくれました。 
b0047206_1361027.jpg


この暑さに8時45分まで、よく雲海が有ったのは、よほど昨夜の雨が
激しかったのでしょう。日焼けしながら楽しみました(笑)。
b0047206_1364770.jpg

by paints3 | 2008-07-27 00:32 | 山の風景
<< レンコンのお花 阿蘇の霧の朝とユウスゲ >>