新燃岳の魅力
宮崎県の高千穂河原から、中岳を越えて、高千穂峰を右に見て、「新燃岳」1420mへ到達します。火口底には、エメラルドグリーンの水の色が登山者の心を癒してくれます。

新燃岳を背にして越えてきた「中岳」1345mを見ながらランチタイム。
ミヤマキリシマは5分咲きのようです
b0047206_15162940.jpg





「高千穂峰」を眼前におしゃべりタイム
b0047206_1540672.jpg




梅雨を前にして、水量が少ないですが、火口底のエメラルドグリーンの色美しく
b0047206_15221483.jpg



白い蒸気が上っていますね、まだ、活火山なんでしょう
ガスって、刻々と火口底の色が変化しています
b0047206_15511990.jpg



ミヤマキリシマ
b0047206_15262588.jpg




火口を半周して、この火口縁の二つの岩石が特徴のようです
b0047206_1529419.jpg



晴天であれば、もっと美しいですが
b0047206_1530723.jpg




中岳への道すがら、ミヤマキリシマがかなり咲いていました。
b0047206_19233413.jpg




b0047206_19241044.jpg





頂上からは、高千穂峰が見えます
b0047206_19254229.jpg




中岳頂上です。向こうに2つのこぶがあるのが新燃岳で、
その後ろが韓国岳です。
b0047206_1932670.jpg

by paints3 | 2008-05-19 15:20 | 山の風景
<< 菊地渓谷 新緑の五家荘-1 >>