八千穂高原散策ー3(秋)
10月1日~3日にかけて、長野県の八千穂高原の白駒池へ行ってきました。

この池は、北八ヶ岳登山口から原生林に覆われ15分ほどの所にあり、標高2115m、周囲1,6kmの天然湖です。
紅葉の見事さは、10月初旬から中旬で終わるようです。

逆光で難しい撮影でした。とても、広くてあらましのご紹介です。

b0047206_061268.jpg



向かって右サイド
b0047206_23575713.jpg




b0047206_23555413.jpg



左サイド、ダケガンバの黄葉も美しい
b0047206_002977.jpg



ずーと下がって
b0047206_03345.jpg



水面に水草と網目模様が見えますね。
b0047206_043895.jpg




秋の空とダケガンバ
b0047206_024677.jpg



b0047206_0263443.jpg











JA八千穂駅からバスで、八千穂高原自然園を通り白駒池へ、そして麦草峠で折り返しになります。この池は苔が幾重にも重なり続き、ツガ、シラベなどの原生林に囲まれています。
八千穂高原自然園辺りからは、白樺の木が続き見事な情景です。

白駒池は、11月末には、凍結で道路閉鎖になるようで、雪はたいしたこと無いらしく、、、
直ぐに凍結がはじまり、激寒の時を乗り越えて、この自然のままの美しさをみせてくれるのですね。

秋の白駒池の紅葉は、ドウダンツツシ、ウルシの赤色や、ダケガンバの黄色などで美しい紅葉風景となります。

春には、レンゲツツジ、ミツバツツジが白樺の足元を美しい赤、ピンクで彩るようです。
by paints3 | 2006-10-07 01:05 | 八千穂高原憧憬
<< 八千穂高原散策-2(秋) 仲秋 >>